少子高齢化による人材不足

日本の少子高齢化は、沖縄を除いた全ての都道府県が問題を抱えている問題です。少子化高齢化の影響から、日本の看護師の人材不足の問題が深刻化しています。

非正規雇用の労働者が増加している近年でも、社会ニーズが高い看護師の場合は本人が望みさえすれば、社会保障や雇用保険などが完備された正規雇用としての安定した職場の求人が容易に用意されています。
しかし、現在雇用において唯一の働き手市場である看護師ですが、実際のところ保障された制度や収入よりも、パートやアルバイトを希望する声が多くあります。なぜかというと、看護師の仕事はパートやアルバイト待遇でも充分生活に困らないのです。

少子高齢化の問題は看護師のみならず医師も同様で、現役を引退する者よりも、国家資格に合格して社会に輩出される人材のほうが少ないのが現状です。
その為、現在の医師や看護師の求人では、既に現職として働いている人材の取り合いで、求人情報そのものを非公開として、密かに行われている求人も多くあります。

今後は無駄な行動や形式的な作業を必要としない、少ない人材の中で仕事をこなしていく新しいやり方が求められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です