存続が危ぶまれる医療業界

医療の将来は、これから医師になる大学生や看護師を目指している学生に大きく関わっていると思います。
今の医療は、とても大変な時期を迎えています。医療の中でも一番注目されているのが人材不足の問題です。人が足らずどんどん医師の負担が大きくなっています。医師だけでなく看護師にも大きな負担がかかっています。医療スタッフは、通常の業務に加えて研修や学会・勉強会もあり、日々仕事に追われています。最新の医療を学ぶ時間がなければ治療できる病気にも対応することができません。しかし、人が足らないため最新医療を学ぶ時間も確保できないという現状があるのです。

近年の少子高齢化の影響やハードな業務による退職者の過多で、医師や看護師の人材不足は年々深刻化しています。このままだと日本の医療が崩壊するとまで言われています。治療を受けたい人が、スタッフ不足で病院にかかれないなんて悲しい未来は想像したくありませんよね。そうならないためにも、医療の将来を安定させるには、国と一緒に方針を考えていかなければなりません。
人材不足の影響から、有休・育児休暇が取りにくかったり、度を超えた残業時間を強いられてしまっている人が多くいます。劣悪な職場環境に拍車をかける前に、国と協力して早急に医療現場の体制を整えていくことが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です