プロになっても勉強

看護師は看護師になっても勉強をしなければなりません。ケア方法や治療法はどんどん変わって行くので、その度に新しい事を頭に叩き込んでいくことが必要となります。4年程の看護師教育を受けて国家試験に挑み、やっと念願の看護師になったとしてもこのように更なる試練が待ち受けています。新人看護師は、看護師になった後が一番ストレスを感じるでしょう。専門書一つ取って見ても相当な勉強量です。
でもそういった努力の積み重ねが確実にキャリアアップに繋がっていくので、看護師ほどやりがいのある仕事はないのではないでしょうか。新人看護師の体験記など読んで見ると本当に辛そうで、勉強不足を指摘されて泣いて帰宅する人も少なくありません。そんな大変な思いの分だけこれからの経験の糧になるので、はじめは苦しくても何とか乗り越えていってほしいです。
わたしの周囲に一人、魅力的な看護師さんがいます。彼女は背が高くて髪をしっかり結んで背筋を伸ばしたまだ若い看護師です。彼女は患者さんに対してだけでなく、助手であるわたし達にも丁寧に対応してくれます。噂に聞くと今の病棟に移る前はもっと大変な脳外科の病棟で勤務していたそう。とても大変な所だったそうで、ぴんと芯が通った今の彼女の姿はその時培われた努力の賜物だと思われます。
最初は辛いかもしれませんが、多少厳しい環境で勉強をしたほうが後々看護師としての魅力は飛躍的にアップします。みんなが素敵な看護師になれれば良いなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です