医療における人間関係

医療の世界では、人間関係や現場でのトラブルが多くあります。医療スタッフの退職理由として、特に多く挙げられるのは人間関係です。
いろんな立場の人間関係集まる医療現場で働いていると、さまざまな摩擦があると思います。
医療は1人で行えるものではありません。そのため、人間関係でトラブルが起きた場合仕事に大きく影響してきます。何人もの人がいて成り立っている医療現場では、良好なチームワークが一番必要になるのです。
もし誰かがミスをした場合、誰かがフォローしなければなりません。そのフォローは、チームワークがしっかりしていないと上手くまわりません。命を預かる医療の現場でフォローが上手くいかないと、患者さんを死に至らせてしまう場合もあります。そんな大事に発展しないために、お互いが仕事をしやすいような人間関係を構築しておくことは最重要事項であるといっても過言ではありません。

医療スタッフの中でも、人間関係が特に複雑なのが看護師。看護師は女性社会なので女性特有の派閥やお局さまによるえこひいきといったことがあることもよく聞きます。それが原因で他病院の求人を探して転職する看護師もいるといいます。病院全体でスタッフ間の関わり方や上下関係を管理していかないと、このような人間関係の不和が発生しやすくなります。看護師の働きやすい環境をつくって人材を確保するためには、医師・看護師・専門スタッフなど多分野のスタッフ同士が協力し、意見を出しあって働きやすい職場づくりを推進していくことがなにより大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です